折り紙で朝顔の折り方と折り紙で朝顔の葉っぱの折り方!

折り紙工作から季節の花を楽しむ…折り紙を折って季節を感じよう。

「夏の花、朝顔にチャレンジ」

夏の花はたくさんありますが、朝の光に映えるパステルカラーの朝顔が大好きです。

いつでも見ていたいのですが、夕方には閉じてしまいます。

ですので、ずっと咲いていられるように、自分で折り紙を折ってみました。

今回は折り紙で朝顔と葉の折り方をご紹介します。

折り紙で朝顔の折り方と折り紙で朝顔の葉っぱの折り方!

7月の工作で高齢者に元気になってもらいましょう!

こんなに可愛い朝顔ができますよ~!

保育園や幼稚園はもちろん、高齢者施設などの壁面飾りにも使えますね!

七夕会でも活躍しそうです。

沢山作って、高齢者の方に元気になってもらいましょう!

材料

好きな色の折り紙

朝顔の花(7.5センチ×7.5センチ)1枚

朝顔の葉(3.75センチ×3.75センチ)花の折り紙サイズを4等分に切った大きさです。1枚

この2枚で朝顔の花1輪と、葉1枚ができます。

画像1

折り紙で朝顔の折り方!簡単な作り方

①折り紙を一枚準備して、折りやすいように十字に折ってみます。

画像1-1

②三角に折ります。

画像2

③また三角に折ります。

画像3

④三角を開いて、四角にします。

画像4

画像5

⑤ひし形に位置を合わせ、中心の折り目に向かって、図のように折ります。

画像6

⑥折り目があると、開いて形を整えやすくなります。

画像7

画像8

⑦広げて、折りました。

画像9

裏はこんな感じです。

画像10

⑧裏替えしたら、図のようにラインを揃えてきれいな三角ラインにします。

画像11

他の面も同様に折ります。

画像12

⑨一旦広げて。

画像13

色のついてる方を表面として、折り線に合わせて折りなおします。

画像14

⑩図の左上の白い部分が見えるほうを、中心の折り目に合わせて折ります。

画像15

画像16

間違って、反対を折ってしまうと、綺麗な模様ができないので気を付けましょう!

⑪半分に折ります。

画像17

⑫では広げていきましょう。

画像18

画像19

花の完成!!

花の形にするとき、どうしてもカーブができるので、平らに広げるように、うまく花の境目を重ねており、綺麗な十字がでるようにしてください。

ここはとても難しくて、苦戦しました!

折り紙で朝顔の葉っぱの折り方

⑬せっかくなので葉っぱも作ります。

花のサイズ用から四等分した折り紙を準備します。

画像20

⑭半分に折ります。

画像21

また折ります。

画像22

⑮いったん広げて位置を変えます。

画像23

⑯下の三角を基準にして、上に折ります。

画像24

⑰上の部分を下に折り、葉っぱの形にします。

画像25

裏返して完成!

画像26

⑱花と葉っぱを合わせてみました。

画像27

折り紙で朝顔の折り方のコツ!

なかなか花を広げるところがうまくできず、途中で止まってしまいました。

少しずつ隣の面を重ねて折ることで、十字も綺麗で、平らに仕上がりました。

時間は10分ほどかかりましたが、慣れてしまえば、3分ほどでできました。

折り紙は自分の好きなものを作るうえで切ったり、折ったりする楽しさがあります。

創作は頭の中で自分なりに流れを組み立てます。考えながら指を動かすので、認知予防になります。もちろん、大人には認知予防ですが、子供には組み立てて仕上げる、最後までやりとげるといった目標・結果のプロセスの学びにもなります。

たかが折り紙?されど折り紙…!

ぜひあなたも作ってみてね!

夏のスイカなども朝顔と飾ると明るくなっていいですよ~^^

七夕飾りもご紹介しています。

一緒にスイカも作ってみて飾ってくださいね♪

8月の工作で高齢者に元気になってもらおう!折り紙でスイカの作り方


応援していただけると嬉しいです♪
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

雑学・豆知識ランキング