折り紙でカーネーションの作り方と茎と葉っぱの作り方!

手作りのカーネーションの花は気持ちがこもっていて、お母さんに喜んでもらえますね!

日頃、してくれることに感謝してプレゼントしましょう。

生花もいいけれど、折り紙で写真のような素敵なカーネーションが作れます。

是非、手作りしてママにプレゼントしてあげてくださいね^^

今回は、カーネーションの花につける茎と葉の作り方をご紹介します。

最初に花の作り方ものせておきますね。

折り紙でカーネーションの簡単な作り方

カーネーションの花をまだ作ってないよ~ってあなたはこちらをご覧になってくださいね♪

折り紙でカーネーションの簡単な作り方!ほんものそっくり!!

用意するもの

・折り紙(15センチ×15センチ)葉と茎なので薄緑や緑系がいいと思います^^

・はさみやカッターナイフ

・のり

途中から、茎や葉っぱをカーネーションの花にくっつけていく工程を説明してきますね。

早速、パーツを作っていきましょう!

折り紙の白いほうを上にしてから半分に折ります。

そこをカッターかはさみで切っていきます。

半分に切れました。

さっきの1枚を縦半分におって、

カッターナイフで真ん中を切ります。

さっき、切った1枚を

写真のように半分に折ります。

折ったところを切ります。

もう1枚残っているこの大きさのものを、

写真のように横半分に折って

切ります。

このようにパーツに切り分けられました。

この2枚が、葉っぱの部分になります。

葉っぱを作っていきます。2枚、同じものを作ります。

色の目が見えるように、半分に折ります。

ひろげて、このように三角に折ります(左右とも)

さらに写真のように折ります。(左右とも)

さらにもう1回、中心にあわせて折ります。

折れたら半分に折ります。

写真の部分をはさみで切り落とします。

ひろげて、この部分にのりをつけて

くっつけます。

葉っぱが2枚、完成しました。

次に茎を作っていきます。

このように縦長の細い折り紙を竹串にあわせて、

半分の位置で切ります。

さっきのパーツにのりをつけて、

カーネーションの花の下にのりをつけた折り紙のはしを写真のようにつけて

くるくる~っとまきます。

葉っぱを、写真のようにくっつけるのですが、茎の上から葉をくっつけてもいいですし、私は竹串の下からとおすようにして、くっつけました。

とおしたら、竹串と葉のつなぎ目に、セロハンテープでくっつけます。

2枚目の葉も同じようにします。

とおすのに、糊付けしてるのですんなりいかないのですが、まだのりが乾いていなかったら強引にとおしました。

位置が決まったら、セロハンテープで固定します。

竹串の先が危ないので少し切り落とします。

残りの茎の折り紙の半分にのりをつけて

残りの竹串が見えている部分に貼り付けます。

このときは、斜めにくるくると巻き付けます。

失敗

ちょっと、先の方が折り紙が足りなくなってしまいました。

2本目はうまくいったので、加減をしながら巻き付けると大丈夫です。

足りなくなってしまったら余っている折り紙を適当に切ってはりつけました^^

完成です。

素敵ですよね~!!

折り紙でカーネーションの茎と葉をつけるときのコツ!

写真で手順を説明すると長くなってしまって、ややこしく見えますが、することは単純で簡単です。

葉っぱを茎にくっつける工程ですが、竹串の下から通してから固定するほうがしっかりしました。

上からはりつけてしっかりとセロハンテープで貼るのと、同じだとは思いますが、通すほうが簡単に思いましたのでおすすめです。

カーネーションの花の花に茎と葉をつけたら、1本でセロハン素材の包装紙などにくるんでいリボンをかけてプレゼントもできますね^^

sakuraはこのような花束にしてみました♪

カーネーション!折り紙で簡単な花束の作り方

折り紙でカーネーションの作り方と茎と葉っぱの作り方!のまとめ

折り紙で作るカーネーションの花につける茎と葉の作り方と貼り付け方をご紹介しました。

是非、お母さんに作ってプレゼントしてあげてくださいね^^


応援していただけると嬉しいです♪
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

雑学・豆知識ランキング